内腿を筋肉トレーニングで鍛える

内腿を筋トレするメリットは、脚痩せに効果的なところです。

脚が太る筋肉は太腿の前側や外側の筋肉で、筋肉が発達すると下半身に張りが出て逞しい足になります。脚が痩せる筋肉は内腿や太腿の裏側の筋肉で、筋肉が発達すると脂肪を締め上げるので脚が痩せたように見えるのです。

脚がO脚であると、細くても美しく見えなくなります。骨盤の緩みが整うので、股関節が正常な位置に保とうとする働きが期待出来ます。これにより、O脚の改善が出来るようになります。内転筋の一部の上端は骨盤と繋がっていて、骨盤と内臓を下から上に支える役割も果たしています。

鍛えるとベルトを締め上げたように内臓が引き上げられ、下っ腹のぽっこりお腹を解消出来ます。内腿は血流やリンパの流れにとても大切で、内転筋が弱いと脚にセルライトが出来てしまいます。内腿が鍛えられると、下半身の血流やリンパの流れが良くなりセルライトの防止になります。

鍛え方はワイドスクワットがあり、内転筋以外に大殿筋も鍛えられます。このためヒップアップ効果もあり、通常のスクワットと同じように場所や器具がなくてもどこでも行います。ボールスイングは筋トレに慣れていない人でも始めやすく、ゴムボールがあれば良いがない場合は枕等を代わりに挟んでも良いです。

椅子に座らないで立って行っても同じ効果なので、自分に合った方法で行いましょう。

金剛筋シャツの通販