レギンスを選ぶポイント 素材

私は特別足元から冷え性なので、タイツだけでは足りずにレッグ ウオーマーやニーハイでカバーすることが必要です。

そんな私のお気に入りはデニール数の高いレギンス。それも高密度の繊維でできたレギンスです。これは一種のサポーター代わりのようになります。冷え性気味の足にはめると外気から身を守ってくれるという効果があります。
ポイントは高密度の極太繊維で編み込んだというところだと思います。真冬の気温の中ではいくらスキニージーンズ、ズボンと雖も素材が機密性に優れていなければ意味がありません。素材から冷えてきたりするし、ズボンもスカートもジャンルではなく素材が命です。いま注目の遠赤外線効果、裏起毛もありますが、遠赤外線効果のアイテムは高価格帯であることも多いので、プチプラで買うなら高密度繊維、裏起毛あたりがお手頃です。補助アイテムとして100均一のフリースのレッグウオーマーも使うことがあります。とくに、フリースですが、足首に巻くときつめのものがおすすめです。踵までずらしても歩けるほどのキツ目がいいでしょう。

メディレギンス着圧レギンス